よくある質問

たくさんのお客様が疑問に思うことをまとめました。疑問を解決して、大切なお家を納得のリフォームへと進めましょう。こちらに書いていないことで、疑問に思うことがありましたらお気軽にお問い合わせください!

リフォームについて

A1.設備機器の交換やクロスの貼り替えから、大規模な間取りの変更、耐震、断熱といった住宅の基本性能を高める内容まで、幅広いご要望にお応えします。お住まいの不便・不満を解消するための、ちょっとした工事も遠慮なくご相談ください。※ご依頼の内容により承りかねる場合があります。ご了承ください。
A2.「専有部分」については、基本的に自由にリフォームできます。建物の構造躯体や住民が共同で使うエレベーターなどの設備は「共用部分」、サッシや玄関ドア、バルコニーも「共用部分」なので、個人で勝手にリフォームすることはできません。また、水回りの配置等については構造や設備面での制約があります。さまざまな条件を現場調査にて確認した上で、可能なプランをご提案します。
A3.リフォームの規模やご要望の内容によって異なります。いつ頃までに竣工させたいかご希望をお伺いできれば、それに即したスケジュールをご提案します。
A4.リフォームを前提に中古住宅を購入されるお客さまのご相談も承っております。ご購入前に現地を拝見できれば、ご希望のリフォームができるかどうか、それにかかる費用などをアドバイスさせていただきます。
A5.図面をご用意いただいた方が、設計作業が効率的に進められます。しかし築年数の経っている住宅や中古物件では図面や資料がないことや、実際の寸法と異なっていることも少なくありません。その場合はお時間をいただき、こちらで実測して作成します。マンション等の共同住宅の場合は、図面のほかに管理組合の規約等もご用意ください。
A6.基本的に取扱いメーカーの限定はありません。お客様のお好みやご要望にきめ細かく対応しています。※品質維持が難しい製品は取扱いできない場合があります。ご了承ください。

費用について

A1.ご契約いただくまでの「ご相談」「お申し込み」「現場調査」「プラン・御見積」は無料です。お気軽にお声をかけてください。
A2.例えば食洗機が必要か、収納は手動か電動かといった機能や性能はもちろん、配置やレイアウト、設備・内装のグレードなどによって金額は変わってきます。まずはご希望とご予算をお聞かせください。お客様のご要望に出来る限りお応えできるよう、最適なプランをご提案します。
A3.数社から見積をとって比較する場合は、総費用だけでなく各項目にも注目しましょう。
図面や仕様書などと照らし合わせ、要望がきちんと反映されているかどうかをチェック。
分からない点は質問し納得のいくまで確認することをお勧めします。
ここでしっかりとコミュニケーションできないようなら、先々が不安です。
「こんなはずでは」というトラブルを防ぐためにも、しっかりと確認しましょう。

工事について

A1.キッチン・浴室・トイレなど、毎日の生活に不可欠な場所を含む大規模なリフォームは、設備の使えない期間や、音、ホコリなどの問題から仮住まいをお勧めすることがあります。建物の種類(マンションか戸建か)、広さ、周辺環境等の条件によっても異なります。また、住みながらの工事は引越しや仮住まいの費用がかからない反面、建物内での荷物の移動や養生を伴いますので、その分費用もかかり、工事期間も長くなりがちです。
A2.ご要望をうかがいながら、お住まいの構造や設備、寸法を確認します。
リフォームでは数センチの差が計画に影響するため、図面があっても実測させていただきます。
また、お客様のライフスタイルなどもお伺いしながら、最適なプランにつなげていきます。
A3.キッチン・浴室・トイレなど、毎日の生活に不可欠な場所を含む大規模なリフォームは、
設備の使えない期間や、音、ホコリなどの問題から仮住まいをお勧めすることがあります。
建物の種類(マンションか戸建か)、広さ、周辺環境等の条件によっても異なります。
また、住みながらの工事は引越しや仮住まいの費用がかからない反面、
建物内での荷物の移動や養生を伴いますので、その分費用もかかり、工事期間も長くなりがちです。
Return to Top ▲Return to Top ▲